「若い力」雑感

森 雅志 2000.11


なんとか国体が終了した。僕もいくつかの会場に足を運び、改めてスポーツの素晴らしさと若者の溢れるエネルギーに感動した。

しかし何よりも気分がよかったのは開会式で大きな声で「若い力」を歌ったことである。実をいうと僕はこの歌が大好きなのだ。会場の全員が一体となって歌った光景は本当に良いものだった。

ところで、最近はこの「若い力」を歌わない学校が増えているそうである。寂しいナァと思う。何故なら僕はこの歌は僕達の世代が共有する一つの記憶であり、戦後という時代を生きた幅広い世代の共感だと思っているからである。「若い力」といえば「運動会」、そして「青春時代の一瞬」、更には「思い出」と連鎖していく。そんな想いを抱かせてくれる歌なのである。一種のノスタルジーなのかもしれない。それが失われようとしているのである。寂しい。

ラジオ体操が似たような状況にあるそうだ。殆どの日本人が世代を超えて知っているラジオ体操。夏休みの朝になると日本中で行われたラジオ体操。そんな光景が少しずつ失われているのだ。参加する子供が減っているうえに毎日は行われていないのだそうだ。

そうやってまた一つの文化が変質して行く。これも時代の移ろいか。せめて僕だけでも時には「若い力」を歌って生きて行こうと思う。


目次