帽子はお似合い?

森 雅志 2002.04.01


本当のことをいうと、僕は帽子をかぶるのがあまり好きではない。ところが過日、春の消防総合訓練が実施された際には制服・制帽で参加しなければならない仕儀となった。「帽子は嫌だな。」と思いながらも思い切って身に付けた。僕の姿を目にした妻は、その瞬間に笑い崩れていた。
風が強く、あごの下にベルトを通すように勧められたが手で押さえたりして誤魔化していた。(関係者の皆さんに対して失礼なことであったと反省している。)あまり笑う人はいなかったからそれなりに似合っていたのかも知れない。(あるいは皆さん笑いを我慢していたのか‥‥。)
さて、最近は屋内でも着帽している男性が多い。
先日行われたある学校の卒業式においても式辞の間も着帽したままの卒業生がいて、見かねた僕は脱帽するように促した。幸い素直に応じてくれたものの、門出に水を差したようで後味が良くなかった。
正直に言えば帽子をお洒落にかぶっている若者たちを羨ましいと思う。しかし直接他者に迷惑をかけなきゃ何をしても良いという風潮は正しいと言えるのだろうか。
少なくともお洒落じゃないと思う。


目次