THINK BIG

森 雅志 2003.01.07


明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

 さて昨年は僕にとって激動の年であった。多くの皆さんのご支援によって市長に当選させていただいて以来、走り続けた一年であった。
 1月26日の就任の日から年末までの間に全く行事や会合などがないという完全休日がはたして何日くらいあったのだろうか。平均すれば一ヶ月に一日程度の頻度だろう。
 もっとも休んでよいという日にも自分で行事を見つけて出かけていたのだから自業自得というところか。完璧なワーカホリック(仕事中毒者)である。そのうえアルコホリック(アルコール中毒者)だと言っていいくらいに酒席も多かった。ほとんど自殺行為である。人間ドックで検診を受けたり、時には血液検査もしているけれど、もっと自愛しなければならないと思う。健康維持も仕事の内なのだから。猛省。猛省。
 走り続けてきたことへの反省はひとり健康のためだけではない。それよりもじっくりと考える機会を失してきたことが問題なのだ。何かの判断をしようとするときでも絶えず走りながら考えていたと思う。あるいは直感だけを頼りとして走っていたのではないのか。そのことこそ反省しなければならないのだ。
 深く大きく思索することが大切であり、雑音のない環境で熟考する時間を実現しなければならない。このことを今年の課題として位置づけようと思う。
 閉塞感に覆われた時代だけにいきおい消極的に思考しがちだけれど、こういう時こそ物事を大きく考えることが必要なのだと思う。
 大きく視野を開いて大きな心で物を見る姿勢、大きく考えて大胆かつスピーディーに行動することが重要なのだ。今年の僕の目指すスタイルは「大きく考える」ということにしよう。
 キーワードは「THINK BIG」だ。そう考えてみたら何となく元気が出てきたぞ。走りながらではなく、せめて歩きながら熟考して元気に頑張っていこうと思う。
 そんなことを言いながら何にも考えていない顔をしていたり、へべれけ状態の僕を見かけたら是非きつく叱ってください。お願いします。


目次