MORI’Sキッチン

森 雅志 2012.04.05


 過日、長女と2人で「ハッシュドビーフ」を作った。そう言うと何となく格好いいけど、いわゆる「ハヤシライス」のこと。長女が通っている料理教室で教えてもらってきたレシピに2人で挑んだのである。
市販のルーは使わずに小麦粉とバターでブラウンソースを作り、そこに薄切り牛肉とたまねぎを入れてじっくりと煮込む。言って見ればそれだけのこと。
「お父さんの料理メニューにまた一つ新しいものを加えるのだから…。」などと言いながらレシピを片手に作業開始。レシピでは「フライパンを熱してバターを溶かし、小麦粉を入れて茶色になるまでよく炒めて褐色のルーを作り」,そこにトマトピューレや赤ワインなどを加えてブラウンソースを作るとされている。このブラウンソースをうまく作ることができれば、あとは玉ねぎやマッシュルーム、牛肉などを炒めてソースと一緒に煮込めば「ハッシュドビーフ」の出来上がり。
レシピを一読した僕は生意気にも、1人で調理できるはずだと主張して頑張ってみた。レシピどおりの分量で調理しているのにもかかわらず最初に作るべきソースがどうしてもできない。小麦粉とバターを熱くしたフライパンの中で炒めていくと黄金色のソースになるはずなのに、どうしても「だま」になってしまうのであった。様子を見に来た娘に「もっとゆっくりかき回すの!」などと言われながら何度もやり直す。あーあ料理は難しい。
朝の某TV局の番組に「MOCO’Sキッチン」というのがあり、いつも楽しみに見ている。番組内ではあまりに手際よく調理をするものだから、自分でもできそうだと勘違いして何度失敗したことか。それでも番組のDVDは買うは、レシピ本は買うはという風にして参考にしている。「キューピー3分クッキング」などという番組も偶然目にすると見入ってしまう。そんなに買ってどうするの、というくらいにレシピ本も買った。調理道具も買い揃えた。そのうえで時間を見つけては料理を楽しんでいるのである。時には指を傷つけたり爪まで切ったりしながら奮闘している。この冬はしもやけにも悩まされた。それでも何とか楽しみながら頑張っているのだ。
夕方、スーパーに車を走らせながらメニューを考える。込み合う店内を動き回る。冷蔵庫にある食材を確認してこなかったことを反省しながらも、色々考えて買い物をする。下の娘はあれが嫌い、上の娘はこれが好き、などと考えながらメニューを再調整。外食の予定が続く時には買いすぎてもいけないし…。苦労しながら何とか終えて急いで帰宅。自慢のエプロンを付けて料理開始。まだまだ段取りが悪く、一品ずつ作っていくことしかできないけれどビールなど飲みながらこしらえていく。子供達に褒めてもらおうと心を込めて調理する。美味しいと言いながら笑いあえる食卓ほど幸福な場所はないだろう。
今夜も良い食卓にしたいと頑張っているときに限って娘から電話。「ごめん。友達と食事して帰る。」。あーあ、残念。もう1本ビールを開けながら1人で箸を手にする。まあ、しょうがないか。思えば僕もカミさんにそんな思いをさせてきたのだなあ、と遅ればせながら反省する。家で食事の準備をしながら家族の帰宅を待っている人の気持ちがやっと分かった。反省しきり。
でもまあ、料理は楽しい。「MOCO’Sキッチン」ならぬ「MORI’Sキッチン」は今日も頑張るのだ。


目次