平成30年5月15日

先週のブログでも少し触れたが、数年前から「世界で最も美しい書店」という本に紹介されている本屋巡りを続けている。この本では全部で20軒の本屋が紹介されているのだが、それぞれの店は世界中に散らばっている。ヨーロッパ、アメリカ、南米、アジアという具合。時間を見つけ、資金を調達しては少しづつまわってきた。この連休に行ったローマの書店で13軒を巡ったことになる。残りの書店を1年に一軒ずつ訪ねたとしてもまだ7年かかる。まあ、のんびりやるさと思いながらローマから帰ってきた。
 ローマにある書店の訪問記ともいうべきエッセイを頼まれていたので、記憶の新鮮なうちに書こうとワードを立ち上げた。資料が欲しいとネットで調べていると同じ書店を紹介している「世界の夢の本屋さん」という本があることを知った。そして、よせばいいのにこの本を注文してしまったのだった。届いた本を見て、ああ危険なものを買ってしまったなと強い後悔に苛まれている。なぜならこの本には最初の本には無かった魅力的な書店が数多く紹介されていたからである。編集も写真も文章も素晴らしく、一瞬でこの本に掲載されている書店に魅入られてしまった。先の本で紹介されている20軒の本屋巡りがまだまだ途半ばなのに、魅力的な本屋を新しく紹介されてはたまったものではない。困ったことになってしまった。僕の性格を知る人には容易に予測がつくと思うけれど極めて危険な状況に陥っているのである。最初の本の書店巡りが終ったら新しい本の書店巡りに突入しそうだということが察知されるからである。危ない、危ない。新しい本からの情報もあって、頼まれていたエッセイを書き終えたのだから、「世界の夢の本屋さん」はもう用済みだということになる。ならば明日にも廃棄することとしたい、と今は思っている。いや、必ず廃棄しないと僕のこれからの時間はひたすら本屋巡りに費やされてしまう危険性が高い。そうは言え、こんな素晴らしいナレッジ本を廃棄できるのか? 2冊の本を前にして悩みは尽きない。甘く危険な香りがする本を持て余している…。困ったことになったなあ…。軽率だった本のネット注文に後悔しきりです。もうアマゾンでは暮らせない。日本人は熱帯雨林地域に立ち入らないようにしましょう。教訓です。  
  
 
Back Number
2018年05月
04月
03月
02月
01月
2017年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2009年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2008年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2007年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
04月
03月
02月
01月
2006年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2005年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
03月
02月
01月
2004年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2003年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2002年12月
11月
10月
09月
01月
2001年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月