平成31年4月26日

 いよいよ平成の御代が終わる。平成の30年間が終わる。僕の36歳から66歳までの30年間の「時代」が終わる。死ぬときにどういう風に総括するのかは知らないけれど、僕の人生においておそらくピークの「時代」だったのだろうなあ?
 奔放な自然児のようだった少年期。放蕩の限りを尽くしていた青春期。そして25歳で仕事を始め、家庭を持ち、やがて長女を生し子育てをした。一人前の大人になろうと頑張っていた青年期?(壮年期前期?)。そんな時代を経て、36歳の時に時代は昭和の御代から平成の御代に移った。そのころの僕は充実していると誤解し自己満足していた。何らの不安も感じなかった。そしてその年の7月に次女が産まれた。(この次女の学年は平成30年間を年表のように生きた世代だ。)
 しかし好事魔多しの例えのごとく、その年の8月に妻が病魔に襲われ家族の暮らしは一変した。それでも新生児を含めた家族は結束してこの時期を乗り切り、わが家なりの平安を得た。子どもたちは伸び伸びと育ち、仕事も充実し、奉仕活動にも取り組んだ。やがて議員という立場となり僕は一生懸命にその活動に励んだ。妻は妻で、さまざまな社会活動に頑張った。子どもたちに我慢を強いながらも家族が結束して過ごしてきた。そして僕は今の立場となった。お陰様で充実した時間を持てたと思う。すべては『お陰様』ということだ。やがて子どもたちは成長しそれぞれに職を得た。しかし、そんな心の隙を見透かしたように病魔が再び妻を襲い、あの東日本大震災の年に妻は逝ってしまった。僕ら親子はその日から今日まで、時に感じる悲しみを悟られないようにしながらも、お互いに家族の絆を確かめながら仲良く過ごしてきた。心の中でいつも繋がりながら、それぞれの立場で役割を果たしていくことが僕らの生き方であり誇りなのだ。
 妻を亡くした2年後に大親友も失くした…。喪失感はいまだに癒えないでいる。時には今も彼に話しかけている。かっての親友の存在は今も大きな心の支えなのだ。
 この30年間を語ることは難しい。今日書いている思いとは違う気持ちで後日語ることもあるだろう。でもまあ、今日のところはこれくらいで…。
 令和の時代が来る。僕にとっては老壮期から老年期、終末期に入る時代ということだ。よし、やってやろうじゃないかという気分である。頑張ります。
 
 (元号が変わることに対応するためブログ「森のひとりごと」をリニューアルします。更新の作業をお願いしている最中です。僕もどんなスタイルになるのか分かりません。しばらく休ませていただくこととなりますがよろしくお願いします。)


Back Number
2019年04月
03月
02月
01月
2018年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2017年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2009年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2008年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2007年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
04月
03月
02月
01月
2006年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2005年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
03月
02月
01月
2004年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2003年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2002年12月
11月
10月
09月
01月
2001年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月