平成24年10月19日

 先日初めてアムステルダムを訪れた。ヨーロッパにとどまらず世界中をマーケットとする巨大な花き市場と植物工場の視察をするためである。一言で言えば、圧倒されたという表現に尽きる。予想以上のスケールであった。花きの価格は日本とは比較にならないほど安価であり、種類や取引量も驚くばかりであった。そして街中にはフラワーショップやスタンドが溢れていた。家々の窓際にも花が飾られていて街全体が華やかな風情であった。花文化とでも言うべきものが違うのだと感じた。
 さて、滞在中に何度かトラムに乗ったのだが興味深い現象を知って面白かった。市内にはいくつもの路線が走っているので電停で待っていると行き先の違う電車が順番にやってくる。それぞれの行き先ごとに番号で表記されているので分かり易い。面白いというのはここからである。電車によって乗車できるドアが指定されているものと全てのドアから乗れるものとがあるのだ。乗り口が決まっている車両に乗ると車内に係員がいてその係員の前の装置にICカードをかざすことになる。指定されていない車両の場合にはどのドアから乗っても良いので自分が乗車したドア付近の装置にかざせばよい。この違いは行き先に起因しているのだという。つまり比較的治安が良く富裕層の多いエリアを通る路線の場合にはキセルをする人が少ないので車内に係員はいなくて全てのドアで乗り降りができるのだけれども、そうじゃないエリアを通る路線の場合は車内の係員の面前の装置にICカードをかざして乗車する仕組みとなっているのだ。露骨と言えば露骨、合理的と言えば合理的。しかし、あるエリアの人々を信用していません、と言っているの同じことなのだ。この点が面白かったのである。よくそんなことが実施できるなあと感じさせられた。市民から不満や異論が出ないのだろうか。お国柄の違いということなんだろうなあ。

平成24年10月17日

 ここに記しておくべきことが起きた。今朝目が覚めたときに夢を見ていた記憶があり、間違いなく亡き妻が登場していた。ストーリー性は無かったけれど見覚えのない車でやってきたような気がする。明日が月命日なので亡くなってから1年と2ケ月ということになる。見送ってから今日まで不思議なほどに夢に出てくることが無かったのだけれども…。ときどき自分が薄情なのかと思うこともあったのだけれど…。いよいよやってきたか、という感じかな。配偶者を亡くした先輩方から2年間くらいは意外に淡々としているものだと聞かされていたのだが、今日までのところ本当にそんな感じで過ごしてきた。少しずつ喪失感が押し寄せてくるのかも知れないなぁ。仏壇とお墓に供える花を買ってきた。明朝早くに墓前に足を運ぶことにしよう。
Back Number
2017年11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2016年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2015年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2014年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2013年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2012年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2011年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2010年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2009年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2008年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2007年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
04月
03月
02月
01月
2006年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2005年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
03月
02月
01月
2004年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2003年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月
03月
02月
01月
2002年12月
11月
10月
09月
01月
2001年12月
11月
10月
09月
08月
07月
06月
05月
04月