森のひとりごと

カテゴリー:週刊ブログ

2021年1月7日

2021.01.07

 明けましておめでとうございます。コロナ禍が続く中での新年の幕開け。はたしてどんな年になるのやら。不安と期待が入り混じる。とにかく自分ができることに集中することしかない。気合を入れていこう。 三が日はダラダラとワインを飲みながらテレビを…

詳細を見る

2020年12月31日

2020.12.31

 波乱万丈の一年が終わろうとしている。考えれば考えるほど、思い出せば思い出すほど大変な年であった。もちろん最大の問題は新型コロナウィルスという世界的なパンデミックがもたらしたものである。68年間の我が人生でもこんな暮らしにくい期間はなかっ…

詳細を見る

2020年12月20日

2020.12.20

 ずっと前に買いながら、畑作業に追われて読んでいなかった小説を読む時間をこの数日間の雪模様が与えてくれた。第136回の直木賞受賞作品の馳 星周「少年と犬」もその中の一つである。読みだしてみると作中に山田地区の牛岳が出てきて驚いた。時どき小…

詳細を見る

2020年12月13日

2020.12.13

 8日の書き込みでエッセイを書くかのように言いながら、昨日まで何も書かずにいた。さすがにそろそろ取り掛からなきゃなと思っていた昨日の夕方、修理を頼んでいた販売店から電話があり工場から届いたとのこと。これは天の計らいか監視かに違いないと思い…

詳細を見る

2020年12月8日

2020.12.08

 パソコンの修理をお願いしている販売店からの着信履歴が携帯に残されていた。やったー!と思って電話をすると、メーカーの方から連絡があり、修理できそうだとのこと。修理できそうなのだが、24,000円程度の費用が発生することの了解を求める電話で…

詳細を見る

2020年11月30日

2020.11.30

 長い間ブログの書き込みを出来ずにいた。何故か? いつも使っているパソコンが壊れてしまったからである。電源が入らないのである。何年か前に購入した店に持ち込んで修理を依頼したのだがうまくいかず、ついにはメーカーの工場に送ることとなってしまっ…

詳細を見る

2020年10月6日

2020.10.06

 今朝の新聞の記事を見て驚いてしまった。過日の大集会における僕の発言に対する某首長の批判的な反応のことだ。おそらく短絡的な反応を誘う記者の質問に答えての発言だと思うがはたしてどうなのかと思う。誰かの発言に対して批判したり異論を言うのであれ…

詳細を見る

2020年9月21日

2020.09.21

 先ほど、コンビニに行こうと軽四で農道を走っていたところ、道路上に大量の梨が転がっていて二人の人が慌てて拾っているところに出くわした。農道とは言え幅員の広い直線の道なので農家だけじゃなく一般の人の通過交通も多い道路だ。(ひょっとすると既に…

詳細を見る

2020年9月16日

2020.09.16

 夏の盛りに一度だけ着た短パンと開襟のシャツをクリーニングに出そうとして、念のためにとポケットを探ってみたところ、何と18,000円の現金が入っていた。この夏に一度しか着なかったのだからその日にポケットに入れてそのまま忘れてしまっていたの…

詳細を見る

2020年9月11日

2020.09.12

 今、ある事情があって土日も平日の夜も県内のあちこちを飛び回ってミニ集会でミニ演説を続けている。もともとこういう運動が嫌いじゃないので楽しみながら、かつ、真情こめて、熱く富山県のありようを訴えている日々である。そんな中で、過日、次の会場に…

詳細を見る

週刊ブログ

エッセイ